« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

NATA 67th Clinical Symposia & AT Expo 報告

2016年6月にアメリカメリーランド州ボルティモアで開催されたNATA 67th Clinical Symposia & AT Expoに参加してきました。
そこで講義内容を1つご紹介したいと思います。

私が参加した講義の一つに「クロスエデュケーショントレーニング(Cross-Education Training)」というものについてでした。この講義の中ではクロスエデュケーショントレーニングとは主にクロスエデュケーション効果というものを利用したリハビリテーションのことを指していました。

ご存知の方も多いかと思いますが、クロスエデュケーション効果とは数十年前から世に出ており、一方の手足をトレーニングするとその効果が対側に移るというものです。簡単な例ですと右脚でハムストリングスカールを実施すると、左ハムストリングスも何もしなくても筋力アップします。つまりこれをリハビリに利用すると健側の筋力トレーニングを行うことにより患側の筋力アップを図るというものです。また、筋力だけでなく、神経伝達機能も向上すると言われています。


Photo_2

最近では多くの研究もされており、私が参加した講義で使用された研究データでは50%1RMで実施する必要があり、アイソメトリックよりコンセントリック、コンセントリックよりエキセントリックの方が効果的だったとのことでした。またEMSのような電気刺激と合わせることも効果的であるとのことです。少し幅はありますが、上肢では3-20%、下肢では10-70%の筋力アップをしたとのことです。(ただし、この効果がどうやって起こるかは2つのセオリーがあり、まだ正確には判明されていないようです。脳や神経に関わることなので、正確に判明されるのはまだ先かもしれません。)

この効果を利用したリハビリは前十字靭帯再建術のリハビリなど患部を直接リハビリできない時期には大変有益な方法かと思います。健側のみトレーニングすることにより左右差を助長してしまうといご意見もあるかと思いますが、何もしないことにより患側の筋力は低下してしまいますので、このクロスエデュケーション効果うまく取り入れ、患者様が少しでも早く復帰できるよう皆さんの現場に活用して頂ければと思います。

14125073_654053074776327_7423648177



担当:辻 直幸

2016年8月16日 (火)

14年目

2003年8月16日設立

『分析 創造 進化 ~多くの方々に愛されながら~』

...

今年度から理念に新しく加えさせていただきました。

全ては愛されているかどうか、信頼されているかどうかで決まります。

何事に対しても“分析”し、

基本を熟知した上で最適の方法を“創造”していく。

その積み重ねで、常に進化していきます。

そして、多くの方々に愛されながら我々は成長していきます。

14年目を迎えた国際スポーツ医科学研究所

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                                                 代表取締役 
                                                 金成仙太郎

2016年8月 1日 (月)

合宿時の仕事

先日、FC東京バレーボールチームの強化合宿に帯同いたしました。
体力強化メインの合宿で、身体やトレーニングに関するレクチャーも、スライドを使って選手へ伝達します。
今回は7日間の合宿でしたが、シーズンインが近づくと競技スキルの練習ボリュームが増えていくので、今の時期にしっかり理解を得られトレーニング出来ることは有り難い限りです。

大まかな事前準備としては
・合宿スケジュールの検討
・食事内容の確認
・施設使用における諸確認
・各日のトレーニングメニューの検討
・コンディショニングツールの準備
・選手に対するレクチャーの開催準備
・チームビルディングのための内容準備
・緊急時に備えたEmergency Action Planの作成
 などを行います。

初めて利用する施設であれば事前に一度足を運び、現地のトレーニングルームやランニングコース、グラウンド、アリーナ、などを調べに行くこともあります。

事前準備が終わり、合宿で現地に入ってからは、
・イレギュラーな対応(屋外トレーニング実施予定日の悪天候によ
 るスケジュール・内容変更など)
・翌日のメニュー微調整
・コンディションチェック
・ドリンク準備
・食事内容の確認
・トレーナールームでの対応
・プールリカバリー
・急病人などの対応
・トレーニングクオリティを上げるための指導
・チームビルディング
・追い込み(笑)
 などを行います。

現地で行う仕事は、すべて事前準備しておくことでスムーズに遂行されます。

トレーナーには臨機応変な対応力が求められるかと思いますが、臨機応変な対応を出来るだけしないために、事前準備に多くの時間をかけます。
選手と1対1ではなく、20名近い選手がいるチームに対してなので、様々なシチュエーションに対する準備が必要ですね。
今回は救急搬送などなく終えることができホッとしております。

また、強化合宿では毎日寝食を共にすることになるため、チームビルディングも取り入れます。
その中の一つとして、今回は合宿地の近くにある山を登ってきました。もちろん走って!
私も選手と一緒に走りました。(もちろんAED準備、最終走者にはトレーナースタッフを付け、車の伴走もつけ緊急時の準備はしております。)
途中からは気持ちとの戦いでしたが、上位に入り込み、まだまだ選手に負けていられません(笑)
指導するうえで、指導者側が動けることは大切ですね。

写真は山頂での集合写真です。
皆走りきり、良い表情しています。

14067507_650700491778252_58109095_2

最後に、6月より我々、国際スポーツ医科学研究所に新しい仲間が加わりました。
アメリカでATCを取得し、帰国後にFC東京バレーボールチームにてアシスタントを2年間務めてくれた「辻直幸」が、正社員となりました!
今回の合宿も一緒にサポートしてくれました。

今後とも国際スポーツ医科学研究所をよろしくお願いいたします!
13975485_650700431778258_1662499293

担当:八亀康次

 

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »